「耐える・我慢する」を表す英単語まとめ!



英語で「耐える・我慢する」を表す表現や英単語はたくさんあります。

たくさんあるので、どれを使ったら良いか迷ってしまいがちです。

そこで今回は英語で「耐える・我慢する」を表す表現、単語をまとめて、それぞれ簡単に解説していくので参考にして下さい( ..)φメモメモ

endure 

動詞endure苦痛困難不幸などに対して辛抱強く「耐える・我慢する」というニュアンスです。

英語でendureの意味を検索するとto suffer something painful or difficult patiently(苦痛困難などに対して辛抱強く耐える事)と検索ページのトップに出てきます。

“「耐える・我慢する」を表す英単語まとめ!” の続きを読む

「追いかける」「追いつく」「追い越す」を英語で言うと?



皆さんは「追いかける」「追いつく」「追い越す」という一連の流れを英語で言う事が出来ますか?

この一連の流れを英語で言う場合、たくさんの言い回しや単語があるのでどれを使ったら良いか迷ってしまいがちです。

そこで今回は「追いかける」「追いつく」「追い越す」に関連した言い回しや英単語を集めて、それぞれ簡単に説明していくので是非参考にして下さい( ..)φメモメモ

追いかける(chase,pursue,follow.etc.)

chase

chaseは対象を「追う・追跡する・追い回す・つきまとう」という意味合いを持つ単語(動詞)です。

chase~とするだけで「~を追いかける」というニュアンスになります。

これは物理的に「~を追いかける」という場合だけでなく、例えば「夢を追いかける」という場合などにも用いる事が出来ます。

“「追いかける」「追いつく」「追い越す」を英語で言うと?” の続きを読む

「追い越す・追い抜く」を英語で言うと?



英語には「追い越す・追い抜く」を表す単語が幾つかあります。

それぞれニュアンスが若干異なるので正しく、適切な場面で用いる為には個別に理解する事が大切です。

そこで今回は英語で「追い抜く・追い越す」を表す単語を幾つかまとめて、簡単に解説していくので是非参考にして下さい( ..)φメモメモ

overtake 

overtakeは前にいる人や車などを後ろから「追い越す・追い抜く」や、質や量などが対象を「追い越す・追い抜く」などという時に幅広く用いる事が出来る単語です。

overには「向こう側」という意味合いがあるので、イメージ的にはovertake=向こう側を取る=追い越す・追い抜くと言った感じです。

“「追い越す・追い抜く」を英語で言うと?” の続きを読む

「追いかける」を英語で言うと?



英語には「追いかける」を意味する単語が幾つかあります。

そこで今回は代表的なものを3つピックアップして、それぞれ簡単に解説していくので参考にして頂ければ幸いです( ..)φメモメモ

chase

chaseは対象を「追う・追跡する・追い回す・つきまとう」という意味合いを持つ単語(動詞)です。

chase~とするだけで「~を追いかける」というニュアンスになります。

これは物理的に「~を追いかける」という場合だけでなく、例えば「夢を追いかける」という場合などにも用いる事が出来ます。

“「追いかける」を英語で言うと?” の続きを読む

「男・女」を表す英単語/表現まとめ!



英語で「男・女」を表す表現はたくさんあります。

正直たくさんありすぎて余り使わないような表現もありますが、一応知っておいても損はしないので、今回は私が今この記事を書いている時点で思い出せる限りの英語で「男・女」を表す表現や英単語を幾つか紹介していきますので何かの参考にして下さい( ..)φメモメモ

male/female

男=male、女=femaleです。

日本語のニュアンスで言う「男性・女性」にあたる表現で、この表現は医療の現場などでも用いられるほどフォーマルな印象を与えます。

基本的には名詞なので、Japanese male/female日本人男性/女性」などと言う風に用いるのですが、形容詞として用いる事もできます。

“「男・女」を表す英単語/表現まとめ!” の続きを読む

「怒る/怒っている」を表す英語表現まとめ!



英語で「怒る」を表現する方法は幾つかあります。

英語の場合は怒りの度合いや場面によって適切な表現が異なる場合があるので、適切に使い分ける必要があります。

そこで今回は英語で「怒る」を表す表現をまとめて、それぞれ簡単に解説していくので是非参考にして下さい( ..)φメモメモ

angry 

angryは「怒っている/腹を立てている」を表す最も一般的な形容詞です。

怒りの度合いとしては中々のもので、ニュアンス的には「怒鳴りたくなるほど、殴りたくなるほど怒っている/腹を立てている」と言った感じなので日常の中で少しイラっとしたぐらいで使う表現ではありません。

“「怒る/怒っている」を表す英語表現まとめ!” の続きを読む

「お返しをする・お礼をする」を表す英語表現まとめ!



英語で「お返しをする・お礼をする」を表す方法は幾つかあります。

それぞれニュアンスが若干異なるので、その時の自分のフィーリングに合った適切な表現を選んで活用する事が重要になります。

そこで今回は使用頻度の高い「お返しをする・お礼をする」を表す英語表現をまとめて、それぞれ簡単に解説をしていくので是非参考にして下さい( ..)φメモメモ

in return

returnは「帰る・戻る・返す」などを表す動詞として広く知られた単語ですが、名詞として用いると「返礼」というニュアンスにもなります。

なのでin return for~などとすると「~のお返しに」というニュアンスになります。

しかし、単にdo something in return for~などと言う風に用いると「~の見返りに何かをする」というように「対価をもらう代わりに何かをしてやる」というようなニュアンスにもなりますので、このフレーズを用いて「お返しをする・お礼をする」を表す場合は文脈や状況などに気を使って使った方が良いです。

つまり、in returnは「お礼をする」というよりは単に「お返しをする」というニュアンスの方が強いという事です。


例文

Let me buy you a drink in return for the compliment.
お世辞のお返しに飲み物をおごらせてくれ


You don’t have to do anything in return for the gift I handed you yesterday.
昨日手渡したプレゼントのお返しはいらないよ


He offered us food in return for having us help him move house.
引越しの手伝いさせるお返しに彼は私達に食べ物を提供した


return the favor 

favorは「好意・親切」を表す名詞なので、return the favorを直訳すると「好意・親切をお返しする」となります。

ニュアンス的には相手にしてもらった事と同じ事またはそれに近い事をして「好意・親切をお返しする」と言った感じです。

つまり、「優しくしてもらったからお礼に優しくする」や「困っている時に助けてもらったからお礼に困っている時に助けてやる」というような感じです。

ちなみに、このフレーズは本来、文字通り人に何か良い事をして貰った時などに用いるフレーズでネガティブなイメージはないのですが、最近ではこのフレーズを皮肉的に用いて「仕返し」をするなどと言うニュアンスで用いる事もあります。


例文

He got me something nice the other day, so I returned the favor last night.
彼はこないだ私に素敵なものをくれたので、昨夜そのお礼をした


You know he helped me so kindly and I just wanted to return the favor.
彼は凄い親切に助けてくれたから私はそのお返しがしたかっただけなの


She treated me well when I was a kid, so now I’m going to return the favor.
彼女は私が子供の頃よくしてくれた人だから今度は私がお返しに彼女によくしてあげようと思います





this is for~

これは抽象的で汎用性の高い表現なので文脈によっては全く異なった意味合いになる事もありますが、明らかに相手に好意を示す場合は「~のお返しに・お礼に」というようなニュアンスにもなります。

ちなみに、その場合、このthisは「お返し、お礼のために行う行為」または「お返し、お礼の品物」などの事を指します。


例文

This is for what you’ve done for me when I was in trouble.
これは私が困っている時にあなたが私にしてくれた事に対するお礼よ


This is for the beautiful gift you gave me last time we met.
これはこの間会った時にもらった素晴らしい贈り物のお返しです


This is for you for helping me when I was in trouble.
これは私が困っている時に助けてくれたお礼だよ

this is for your helpとすると「これはあなたの助けになるものです」というニュアンスになるので、この場合は間違いとなる


this is to say thank you

このフレーズは直訳すると「これはあなたにありがとうと言うためのものです」となりますが、自然なニュアンスに直すと「これは感謝の印です」というような感じになります。

なのでthis is to say thank you for~などとすると「これは~に対する感謝の印です」や「これは~に対するお礼です」というようなニュアンスになります。

このフレーズは単にthis is for~と言うよりも相手に感謝の気持ちを丁寧に伝える事が出来るフレーズです。


例文

This is to say thank you for making me happy everyday.
これは毎日私を幸せにしてくれるお礼です


This is to say thank you for taking a risk for me.
これは私のためにリスクを冒してくれた事に対する感謝の印です


do something nice back to~

最後におまけとしてこのフレーズを紹介します。

これは直訳すると「何か良い事を~に返す」となりますが、自然なニュアンスに直すと「~に何かお返し・お礼をする」というようなニュアンスになります。


例文

I want to do something nice back to him.
彼に何かお礼がしたい


If you wanna do something nice back to me, just say ‘thank you’.
もし君が僕に何かお礼がしたいのなら、ただありがとうと言えばいい





関連記事

「延期する・先延ばしにする」を表す英語表現まとめ!

「怖い・恐ろしい」を表す英語表現まとめ!

抱きしめるを表現する英語まとめ!

「ご自由に」を表現する英語フレーズまとめ!

「安心する・安心した」を表す英語表現まとめ!

「また後で」を表す英語まとめ!