stopの使い方・イメージ・例文

stopのイメージは「止める(他動詞)」「止まる(自動詞)」です。

ちなみに他動詞か自動詞かを見分ける最も簡単な方法は、動詞の後に前置詞が置かれているかどうかを確認する事です。

動詞の後に前置詞が置かれていなければ「他動詞」で、置かれていれば「自動詞」となります。

“stopの使い方・イメージ・例文” の続きを読む

holdの使い方・イメージ

holdの基本的なイメージは「押さえる(そのままの状態を維持する・保つ)」や「(手で)持つ・掴む」などです。

しかし日本語に訳す場合は「所有する」、「(容器などに)入れられる収容できる」、「ある考えを抱く~だとみなす」、「(式などを)開く開催する」など、様々な訳され方をします。

“holdの使い方・イメージ” の続きを読む

【保存版】followの基本的な5つの使い方とイメージ!

動詞followには多くの用法があります。

そこで今回は最も基本的な用法を5つにまとめて、それぞれ簡単に解説していくので参考にしてください( ..)φメモメモ





コアのイメージやニュアンス

5つの用法の前に、先ずは簡単にfollowのコアのイメージやニュアンスを確認してみましょう。

followの最も基本的なイメージやニュアンスを言葉にすると「後に続く」や「後ろからついて行く」などと言った感じになります。

“【保存版】followの基本的な5つの使い方とイメージ!” の続きを読む

【保存版】yetの基本的な7つの使い方とイメージ!

yetは一般的に「まだ~ない」「もうすでに~」などというニュアンスの単語(副詞または接続詞)として認知されていますが、他にもたくさんの用法があるので全部を覚えるのは大変です。

そこで今回はyetの最も基本的な用法を7つにまとめて、それぞれ簡単に解説していくので参考にしてください( ..)φメモメモ





コアのイメージやニュアンス

7つの用法の前に先ずはyetのコアのイメージやニュアンスを簡単に確認していきましょう。

さて、たくさんの用法があるyetですが、コアのイメージやニュアンスは非常にシンプルで、言葉にすると「現在/現時点までに」や「明示または暗示された時までに」などと言った感じです。

“【保存版】yetの基本的な7つの使い方とイメージ!” の続きを読む

【保存版】最も基本的なhaveの5つの使い方!

haveは状態動詞や動作動詞、助動詞として用いられる事もあり、たくさんの用法があり、全部覚えるのはとても大変です。

そこで今回は日常的によく使うものを優先的に5つまとめて、それぞれ簡単に解説していくので参考にしてください( ..)φメモメモ





所有を表す

先ず、最も基本的なhaveの使い方は「~を持っている」「~を所有している」などのように、「have所有」を表すというものです。

例えば「土地や財産を持っている」「車を所有している」などと言いたい場合はhaveを用いて表現する事が出来ます。

“【保存版】最も基本的なhaveの5つの使い方!” の続きを読む

【保存版】過去分詞の基本的な3つの使い方!

動詞の過去分詞には様々な活用方法がありますが、最も基本的なものは3つです。

そこで今回は過去分詞の最も基本的な3つの使い方をそれぞれ簡単に解説していくので参考にしてください( ..)φメモメモ





受動態

過去分詞のコアのイメージはこの「受動態(受け身)」で、日本語では「~れる」「~れた」などという風に訳される事が多いです。

例えば「られる」「かれる」「質問をされた」「お金を盗まれた」などと言いたい場合は動詞の過去分詞形を用いて表現する事が出来ます。

“【保存版】過去分詞の基本的な3つの使い方!” の続きを読む

【保存版】doingの基本的な3つの使い方!

皆さんはdoingの用法を全て知っていますか?

doingには「進行形」「形容詞形」「名詞形」の3つの用法があります。

考え方の基本は3つとも共通のものがありますが、使いこなすにはそれぞれの用法を学ぶ必要があります。

そこで今回はdoingの3つの用法をそれぞれ簡単に解説していくので参考にして下さい( ..)φメモメモ





doing=進行形

doingの用法で最も基本的なのが、この進行形で、これはある動作を現在継続して行っている事を意味し、よくbe doingの形で出てきます。

日本語に訳すと「~している」となる場合が多いですが、doingを進行形で用いる場合は「~している」と「~しかけている(~しそう)」の2パターンがあるので注意しなくてはいけません。

“【保存版】doingの基本的な3つの使い方!” の続きを読む

【保存版】助動詞wouldの最も基本的な5つの使い方!

wouldwillの過去形で様々な場面で用いられる非常に頻出頻度の高い単語(助動詞)ですが、とにかく用法が多いので全部を完璧に覚えるのはとても大変です。

そこで今回は最も基本的な使い方を5つまとめて、それぞれ簡単に解説していくので参考にしてください( ..)φメモメモ





過去/現在/未来の事柄に関する推測

この用法は過去、現在、未来の事柄に関する推測を表すもので、日本語に訳すと「~だろう」「~だったであろう」などというニュアンスになります。

よくifと共に用いて「~だったなら~だろう」「~なら~であっただろう」などという風に用いられる事が多い印象です。

“【保存版】助動詞wouldの最も基本的な5つの使い方!” の続きを読む