「怖い・恐ろしい」を表す英語表現まとめ!



英語で「怖い・恐ろしい」を表現する方法は幾つかあり、それぞれニュアンスや適切な使い場所が若干異なります。

そこで今回は使用頻度の高い、英語で「怖い・恐ろしい」を表す表現をまとめて、それぞれ簡単に解説していくので是非参考にして下さい( ..)φメモメモ

afraid 

afraidは「気の弱さ・不安・臆病」を暗示する形容詞で、最も一般的に「怖い・恐ろしい」を表現する事ができる単語です。

漠然とした不安や恐怖、例えば「夜が怖い」や「怒られるのが怖い」、「失敗をするのが怖い」などという時はafraidを用いて表現するのが一般的です。

例文

I suddenly felt afraid when you said that.
君がそれを言った時私は急に不安で怖くなった


I was afraid that you might get upset if I told you the truth.
君に本当の事を話したら怒るんじゃないかと不安だった


I’m so afraid of losing you.
君を失うのが怖くてたまらない


Don’t be afraid to live your life.
自分らしく生きる事を恐れるな


scared

scaredは動詞scaryの過去分詞形で、多くの場合afraidと言い換える事ができます。

しかし、scaredは「(突然の出来事による)恐怖・怯え」などのニュアンスが強いです。

突然の出来事に恐怖したり、怯えたりした場合、例えば「電気が急に消えて怖かった」や「犬に吠えられて怖かった」などという場合などはscaredを用いる方が一般的です。

また、口語ではyou’re scaring me!you scared me!と言って「怖がらせないでよ!・驚かさないでよ!」を表現する事も多いです。


例文

He looked scared when you yelled at him.
君が彼に怒鳴った時、彼は怯えた様子だったよ


I’m so scared to tell her what really happened there.
そこで本当に起こった事を彼女に話すのが怖くてしょうがない


I was scared of dogs when I was a kid.
子供の頃は犬が怖かった


I felt scared when I heard someone knocking on the front door of my house.
誰かが私の家の玄関ドアをノックする音を聞いた時、私は恐怖を感じた


frightened 

frightenedは動詞frightenの過去分詞形でニュアンスや適切な使い場所はscaredとほとんど同じです。

例えば「(突然)銃声が鳴り響いて怖かった」や「(急に)怒鳴られて怖かった」などと言う場合などに用いる事が一般的です。

ただ、私自身はfrightenedの方が「突然の出来事に対する恐怖心」と言ったニュアンスはscaredよりも強いように感じますが、一般的にはscaredと同じレベルの「恐怖・怯え」を表現する単語として用いられている場合がほとんどです。


例文

I was so frightened by the sudden gunshots.
急な銃声に心底驚いて恐怖した


She was frightened to go out at night.
彼女は夜に出かけるのを怖がっていた

was/were frightened to doとした場合は「怖くて~出来なかった」というニュアンスになる


There is nothing to be frightened about.
怖がる事は何もないよ


She looked so frightened when I entered her room.
私が彼女の部屋に入った時、彼女はとても怯えた様子だった





terrified 

terrifiedは動詞terrifyの過去分詞形で、ニュアンスはscaredfrightenedに似ていますが、「恐怖・怯え」の度合いは最も高くなります。

なのでterrifiedを用いると「~に対してひどく恐怖を感じる」や「~する事が非常に恐ろしい」などというニュアンスになります。


例文

We were all terrified of making him angry.
私達は皆、彼を怒らせる事がとても怖かった


He is terrified of me and he won’t say anything against me.
彼は私をひどく恐れているので私に不利な事は何も言わないだろう


I was terrified at the news this morning.
今朝のニュースで私はひどく恐怖した


horrified 

horrifiedは動詞horrifyの過去分詞形で、ニュアンスはこれまで紹介した表現とは若干異なり「不安または恐怖でぞっとする」と言った感じです。

元々horrify名詞horrorホラー(恐怖)から派生したものなので、ホラーをイメージすると分かりやすいです。

なので「~に対してぞっとした」などと言う場合に用いるのが一般的です。


例文

I was so horrified when I saw him smiling at me.
彼が私に微笑むのを見た時、私は心底ぞっとした


I feel horrified just by thinking about telling her the truth.
彼女に本当の事を話す事を考えるだけでぞっとする


She looked horrified when he pat her shoulder.
彼に肩をぽんぽんされた時彼女はぞっとした様子だった


まとめ

1.afraid・scared・frightened・terrifiedはいずれの単語も多くの場合相互に言い換えが可能である

2.恐怖の度合いはafraidが最も低く、scaredfrightenedが真ん中で、terrifiedが最も高い

3.horrifiedはホラー的な意味で「ぞっとする」というニュアンス





関連記事

抱きしめるを表現する英語まとめ!

「ご自由に」を表現する英語フレーズまとめ!

「安心する・安心した」を表す英語表現まとめ!

「また後で」を表す英語まとめ!

「耐える・我慢する」を表す英単語まとめ!

「男・女」を表す英単語/表現まとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です