「ご自由に・自由に」を表す英語表現まとめ!

英語で「ご自由に・自由に」を表す表現は幾つかありますが、それぞれニュアンスが異なるので適切に用いる事が必要になります。

そこで今回は英語で「ご自由に・自由に」を表す表現を幾つかまとめて、それぞれ簡単に解説していくので参考にしてください( ..)φメモメモ

feel free to do
気兼ねなく~する・遠慮なく~する

freeという単語は形容詞として「自由に(な)」という意味なので、feel free to doはそのまま訳すと「~をするにあたって自由であると感じる」などという風になります。

これを自然なニュアンスに直すと「feel free to do気兼ねなく~する・遠慮なく~する」などという風になります。

なので、このフレーズは誰かに対して「遠慮なく~して下さい」などと言う場合に用いられる事が多いです。





例文

Please feel free to contact me if something happened.
何か起きた場合は気兼ねなく私に連絡して下さい


Oh please feel free to help yourself to more drinks.
飲み物のお代わりはどうぞご自由に


Please make sure the door is looked and then feel free to go out anytime.
ドアに鍵がかかっている事を確認したらいつでもご自由に出かけてもらってもかまいません


My girlfriend said that I could go out with other girls without telling her anything, but I really don’t feel free to do such a thing.
彼女は私が何も言わずに他の女の子と出かけても良いと言ったが私にはそんな事を気兼ねなくする事はできない


Feel free to stay with us as long as you’re in town.
町にいる間は私達の所に気兼ねなく泊まってくれても大丈夫ですよ


ちなみにbe free to doでも同じような意味になりますが、この場合は「~をするにあたって自由である」という意味になるので、feel free to doとは少しニュアンスが違います。

You are free to go out, but please let me know first.
ご自由に出かけてもらっても結構ですが先に私に一声かけて下さい

You are free to change your plan anytime.
あなたは何時でも自由に計画を変更しても構いません


help yourself to
~を自由に使う・食べる・飲む

このフレーズは主に飲食物などを相手に勧める場合などに「ご自由にどうぞ」などと言う時に用いる事ができるフレーズです。

フレーズの説明の前に先ずは簡単に動詞helpについて解説していきます。

helpには「~を助ける・手助けする」などという基本的な使い方の他にも「~に~(飲食物など)を取ってやる」などという使い方があります。

She helped me to some coffee.
彼女は私にコーヒーをついでくれた

May I help you to some more meat?
お肉のお代わりはいかがですか?

helpには元々「誰かが何かをしやすいように手助けする」などというニュアンスがあるので、上記の例は「誰かが肉や飲み物にありつくのを手助けする」などという風に考えると分かりやすいです。

さて、上記の説明を踏まえた上で「help yourself to~」について考えてみましょう。

help yourself to~はそのまま訳すと「あなた自身に~を取ってやる・使わせてやる」などとなりますが、このフレーズは命令形で用いて「誰かに何かを勧める時や何かの使用の許可を与える時」などに使う事がほとんどなので、help yourself to~と言ったら「~をご自由に使って下さい・~をご自由に飲食して下さい」などと訳す場合がほとんどです。

 





例文

I baked lots of cakes for you, so please help yourself to more.
あなたの為にたくさんケーキを焼いたからどんどん食べて下さいね


Welcome to our party, please help yourself to drinks or food.
パーティーにようこそ、飲み物や食べ物はご自由にお取り下さい


A:Do you mind if I used your phone?
あなたの電話使ってもいいですか?

B:Sure, help yourself (to my phone).

いいよ。ご自由に


ちなみに、くだけた使い方で「help oneself to~=~を盗む」というのもあります。

He helped himself to the money.
彼はそのお金を盗んだ


do as you please・do whatever you want
ご勝手にどうぞ

最後に紹介するフレーズは誰かと喧嘩をした時などに、相手に「ご自由に・ご勝手にどうぞ」などという際に用いる事ができるフレーズです。

先ずpleaseは自動詞として「好む・気に入る」などという意味があります。

Could you stop by my house if you please?
良かったら私の家に立ち寄ってくれませんか?

なのでdo as you pleaseとすると、呆れた感じで「あなたの好きなようにしろ」などというニュアンスになります。

そして、whateverというのは代名詞として「なんでも・どんな物事でも」などという意味があるのでdo whatever you wantとすると「あなたのやりたいように何でもしろ」などというニュアンスになります。

※状況が違えばニュアンスも変わります





例文

I don’t care so do as you please.
どうでもいいからもう君の好きなようにしてくれ


A:So can I go now?

もう行っていいかな?

B:(do) As you please.
勝手にしろ


Okay, fine, do whatever you want.
分かったよ。ご勝手にどうぞ


If you say so, do whatever you want.
君がそう言うならご勝手にどうぞ


ちなみに、当然ですが、do as you pleasedo whatever you wantも文脈によっては喧嘩をしている相手以外にも用いる事ができます。

I want you to do as you please.
私はあなたの好きなようにしてほしい

You know you can do whatever you want.
君のやりたいように何でもやっていいんだよ





関連記事

「安心する・安心した」を表す英語表現まとめ!

「また後で」を表す英語まとめ!

「耐える・我慢する」を表す英単語まとめ!

「怒る/怒っている」を表す英語表現まとめ!

「お返しをする・お礼をする」を表す英語表現まとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です