「お返しをする・お礼をする」を表す英語表現まとめ!



英語で「お返しをする・お礼をする」を表す方法は幾つかあります。

それぞれニュアンスが若干異なるので、その時の自分のフィーリングに合った適切な表現を選んで活用する事が重要になります。

そこで今回は使用頻度の高い「お返しをする・お礼をする」を表す英語表現をまとめて、それぞれ簡単に解説をしていくので是非参考にして下さい( ..)φメモメモ

in return

returnは「帰る・戻る・返す」などを表す動詞として広く知られた単語ですが、名詞として用いると「返礼」というニュアンスにもなります。

なのでin return for~などとすると「~のお返しに」というニュアンスになります。

しかし、単にdo something in return for~などと言う風に用いると「~の見返りに何かをする」というように「対価をもらう代わりに何かをしてやる」というようなニュアンスにもなりますので、このフレーズを用いて「お返しをする・お礼をする」を表す場合は文脈や状況などに気を使って使った方が良いです。

つまり、in returnは「お礼をする」というよりは単に「お返しをする」というニュアンスの方が強いという事です。


例文

Let me buy you a drink in return for the compliment.
お世辞のお返しに飲み物をおごらせてくれ


You don’t have to do anything in return for the gift I handed you yesterday.
昨日手渡したプレゼントのお返しはいらないよ


He offered us food in return for having us help him move house.
引越しの手伝いさせるお返しに彼は私達に食べ物を提供した


return the favor 

favorは「好意・親切」を表す名詞なので、return the favorを直訳すると「好意・親切をお返しする」となります。

ニュアンス的には相手にしてもらった事と同じ事またはそれに近い事をして「好意・親切をお返しする」と言った感じです。

つまり、「優しくしてもらったからお礼に優しくする」や「困っている時に助けてもらったからお礼に困っている時に助けてやる」というような感じです。

ちなみに、このフレーズは本来、文字通り人に何か良い事をして貰った時などに用いるフレーズでネガティブなイメージはないのですが、最近ではこのフレーズを皮肉的に用いて「仕返し」をするなどと言うニュアンスで用いる事もあります。


例文

He got me something nice the other day, so I returned the favor last night.
彼はこないだ私に素敵なものをくれたので、昨夜そのお礼をした


You know he helped me so kindly and I just wanted to return the favor.
彼は凄い親切に助けてくれたから私はそのお返しがしたかっただけなの


She treated me well when I was a kid, so now I’m going to return the favor.
彼女は私が子供の頃よくしてくれた人だから今度は私がお返しに彼女によくしてあげようと思います





this is for~

これは抽象的で汎用性の高い表現なので文脈によっては全く異なった意味合いになる事もありますが、明らかに相手に好意を示す場合は「~のお返しに・お礼に」というようなニュアンスにもなります。

ちなみに、その場合、このthisは「お返し、お礼のために行う行為」または「お返し、お礼の品物」などの事を指します。


例文

This is for what you’ve done for me when I was in trouble.
これは私が困っている時にあなたが私にしてくれた事に対するお礼よ


This is for the beautiful gift you gave me last time we met.
これはこの間会った時にもらった素晴らしい贈り物のお返しです


This is for you for helping me when I was in trouble.
これは私が困っている時に助けてくれたお礼だよ

this is for your helpとすると「これはあなたの助けになるものです」というニュアンスになるので、この場合は間違いとなる


this is to say thank you

このフレーズは直訳すると「これはあなたにありがとうと言うためのものです」となりますが、自然なニュアンスに直すと「これは感謝の印です」というような感じになります。

なのでthis is to say thank you for~などとすると「これは~に対する感謝の印です」や「これは~に対するお礼です」というようなニュアンスになります。

このフレーズは単にthis is for~と言うよりも相手に感謝の気持ちを丁寧に伝える事が出来るフレーズです。


例文

This is to say thank you for making me happy everyday.
これは毎日私を幸せにしてくれるお礼です


This is to say thank you for taking a risk for me.
これは私のためにリスクを冒してくれた事に対する感謝の印です


do something nice back to~

最後におまけとしてこのフレーズを紹介します。

これは直訳すると「何か良い事を~に返す」となりますが、自然なニュアンスに直すと「~に何かお返し・お礼をする」というようなニュアンスになります。


例文

I want to do something nice back to him.
彼に何かお礼がしたい


If you wanna do something nice back to me, just say ‘thank you’.
もし君が僕に何かお礼がしたいのなら、ただありがとうと言えばいい





関連記事

「延期する・先延ばしにする」を表す英語表現まとめ!

「怖い・恐ろしい」を表す英語表現まとめ!

抱きしめるを表現する英語まとめ!

「ご自由に」を表現する英語フレーズまとめ!

「安心する・安心した」を表す英語表現まとめ!

「また後で」を表す英語まとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です