forceとcompelの違い、使い分け



forceとcompelは似たような意味を持つ単語なので、使い分けが難しいと感じる人もいるかも知れません。

そこで今回はそれぞれの使い方と特徴を簡単に解説して、最後にまとめていきますので、参考にして頂けたら幸いです。

force

forceは「物理的/肉体的、または精神的に圧力をかけて無理やり人に何かをさせる」=「強要する」「強制する」などと言った感じのニュアンスです。

なお、対象は人だけでなく、物体でもOKです。

例えば「人を押したりして線から出るように強要する」や「固い扉を無理やり開ける」などと言いたい場合はどちらもforceを用いて表現する事が出来ます。


例文

You can’t force someone to do your homework.
誰かに自分の宿題を無理やりやらせるのは駄目だよ


He forced the door open.
彼は無理やり扉を開けた


compel

compel「精神的に圧力をかけたり、説得したりして人に何かを無理強いする」=「強要する」「強制する」などと言った感じのニュアンスで、強制力はforceよりも弱いです。

なお、forceと違って物体を対象とする事は出来ません。


例文

Her angry expression on her face compelled him to apologize her.
彼女の怒った表情は彼に謝罪を強要した


The salesman kinda compelled me to buy his products.
そのセールスマンは私に商品を買うようになんとなく無理強いした


まとめ

物体を対象とする場合や物理的/肉体的に圧力をかけて無理強いする場合などはforceを用い、それ以外の場合はforceまたはcompelを用いると言った感じで良いと思います。

また、forceの方が強制力を強い事を考慮して使い分ければ良いと思います。


関連記事

appear, show up, emergeの違い、使い分け

fixとrepairの違い、使いわけ

normalとordinaryの違い、使い分け

solveとresolveの違い、使い分け

run awayとescapeの違い、使い分け

interruptとdisturbの違い、使い分け

lackとshortageの違い/使い分け

considerateとthoughtfulの違い/使い分け

too, as well, alsoの違い・使い分け

consecutiveとsuccessiveの違い・使い分け

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です