solveとresolveの違い、使い分け



solveとresolveは似たような意味を持つ単語なので、使い分けが難しいと感じる人もいるかも知れません。

そこで今回はそれぞれの使い方と特徴を簡単に解説して、最後にまとめていきますので、参考にして頂けたら幸いです。

solve

solveは「(問題や謎などに)正しい答えを見つける」=「解決する」などと言った感じのニュアンスです。


例文

I can’t solve any of these math problems.
私にはこれらの数学の問題はさっぱり解けない


Did you solve the problems you were worried about last week?
君が先週心配していた問題は解決したのかい?


resolve

resolveは「(困難や面倒事などを)終わらせる」=「解決する」などと言った感じのニュアンスです。


例文

If you can’t resolve the problem, who could resolve it?
君で解決出来ないと言うなら一体誰が解決出来ると言うのか?


We resolve any problems within 2 days.
我々はどんな問題も2日以内に解決させる事が出来ます


まとめ

resolveはsettleのように争いや困難な問題を鎮める、落ち着かせる=「解決する」などと言った感じのニュアンスなので「数学の問題やパズルを解く」などというような場面で用いる事は出来ません。

一方で、solveは「(問題や謎などに)正しい答えを見つける」=「解決する」などと言った感じのニュアンスなので、様々な場面に対応させる事が出来ます。

分かり辛いという方はsolveは答えを見つける=解決する、resolveは終わらせる=解決する、という風に覚えておけば良いと思います。


関連記事

run awayとescapeの違い、使い分け

interruptとdisturbの違い、使い分け

lackとshortageの違い/使い分け

considerateとthoughtfulの違い/使い分け

too, as well, alsoの違い・使い分け

consecutiveとsuccessiveの違い・使い分け

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です