run awayとescapeの違い、使い分け



run awayとescapeは似たような意味を持つ単語なので、使い分けが難しいと感じる人もいるかも知れません。

そこで今回はそれぞれの使い方と特徴を簡単に解説して、最後にまとめていきますので、参考にして頂けたら幸いです。

run away

run awayは「(走って)遠くに離れる」=「逃げる」などと言った感じのニュアンスです。

なお、物理的に「逃げる(遠くに離れる)」という以外にも、夢や現実から「逃げる」のように「精神的あるいは心理的に距離を置いて離れる」=「逃げる」というような使い方も出来ます。


例文

She ran away from him as soon as they met eyes this morning.
今朝彼女は彼と目が合うと直ぐに逃げた


Don’t ran away from your dream.
自分の夢から逃げるな


escape

escapeは「危険または不快な状況や場所から抜け出す」=「逃げる」などと言った感じのニュアンスです。

嫌な事や辛い事から「逃げる」というような場合にも用いる事が出来ますが、一般的に夢や好きな事から「逃げる」というような場合には用いられません。


例文

Two men have just escaped from prison.
2人の男がたった今脱獄した


I wanna escape form this terrible reality.
私はこの酷い現実から逃げ出したい


まとめ

嫌な事や辛い事、危険な状況や不快な現状から「脱出する」=「逃げる」というようなニュアンスを出したい場合はescapeを用いて、それ以外の場合はrun awayを用いるというような感じで良いと思います。

なお、run awayも嫌な事や辛い事、危険な状況や不快な現状から「逃げる」というような場面で用いる事が出来ますが、「脱出する」というよりは単に距離を取って「離れる」というニュアンスなので、状況に応じてescapeと使い分けると良いでしょう。


関連記事

interruptとdisturbの違い、使い分け

lackとshortageの違い/使い分け

considerateとthoughtfulの違い/使い分け

too, as well, alsoの違い・使い分け

consecutiveとsuccessiveの違い・使い分け

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です