too, as well, alsoの違い・使い分け



too, as well, alsoはいずれも「~も」「~もまた」を意味する単語や表現として広く一般的に認知されていますが、

その一方で、適切な使い方やそれぞれの単語や表現のニュアンスや印象の違いなどをちゃんと理解出来ていない方も多い印象です。

そこで今回は類似しているものの微妙にニュアンスや印象が異なるtoo, as well, alsoについてそれぞれ簡単に解説していくので参考にしてください( ..)φメモメモ

too

先ず、tooについてですがtooas wellalsoに比べるとより口語的でインフォーマルな表現になりますが、アメリカ英語では最も一般的に用いられる表現になります。

よく、相手の言った事に対して共感の意を示して「私も~です」などと言う場合に多く用いられますが、

他にも「あれとこれとそれからこれも(さらにその上~も)」などという言う場合に用いられます。


as well

次に、as wellについてですが、これは基本的にA as well as Bの略と考えます。

例えばI like coffee as wellと言った場合は文脈にもよりますが、1「私はコーヒーも好きである」と2「私もコーヒーが好きである」という2パターン考えられます。

その場合、1はI like coffee as well as teaというような文章の略で、2はI like coffee as well as you doというような文章の略になります。

また、アメリカ英語では口語で用いる場合はtooの方を採用する事が多く、as wellは比較的文語で用いられる事の方が多いそうですが、意味合いに関してはほぼ同じなのでほとんどの場面で相互に入れ替えが可能です。


also

最後にalsoについてですが、根本的にtooas wellとは使い方が異なります。

tooas wellが基本的に文末に置かれるのに対し、also基本的に動詞の前に置かれます。

例外的にI’m also~I have also been~などと言う場合は動詞の後に置く事もあります。

また、alsotooas wellよりも形式ばった印象で、アメリカ英語では文語で用いられる事が多いそうです。

これも意味合いに関してはtooas wellなどとほぼ同じなのでほとんどの場面で相互に入れ替えが可能ですが、その際は文脈に気をつけないと可笑しな事になる場合もあるので注意してください。


例文

[too]

I sometimes watch scary movies too.
私も時々怖い映画を観ますよ

I like to play soccer, baseball, tennis, oh and the guitar too.
私はサッカーと野球とテニス、後それからギターをプレイする事も好きです


[as well]

I know you like her, but I like her as well.
君が彼女の事を好きなのは知っているが、私も彼女の事が好きだ

Oh please don’t worry about it, since I like vegetables as well.
私は野菜も好きですから気にしないでください


[also]

When I said I had been to Okinawa, he said he had also been there.
私が沖縄に行った事があると言うと、彼は彼もまた沖縄に言った事があると言った


I like milk, tea, oh and I also like coffee.
私は牛乳とお茶、それからコーヒーも好きです





関連記事

consecutiveとsuccessiveの違い・使い分け

look likeとlook alikeの違い、使い分け

one dayとsomedayの違い・使い分け

some time, sometime, sometimesの違い・使い分け

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です