「仲がいい」表す英語表現まとめ!



英語で「仲がいい」を表す表現はたくさんあります。

しかし、中には日常会話の中ではあまり使われないような表現も幾つかあるので、今回は日常会話の中でも違和感なく使える表現だけを集めて、それぞれ簡単に解説していくので参考にしてください( ..)φメモメモ

get along

get alongは「仲がいい」を表す最も一般的な表現の一つです。

汎用性が高く、様々な言い回しが出来ます。

例えば「彼等は仲がいい」や「友達と仲良くする」などと言いたい場合はget alongを使って表現する事が出来ます。

ちなみに、このalongは前置詞ではなく、副詞です。

なので、「~と仲がいい・~と仲良くする」などと言いたい場合はget along with~などと言う風に用います。

また、このalongは「一緒に・連れて・同伴して」などというニュアンスです。


例文

How can I get along with someone like him?
彼のような人間とどうして仲良く出来ようか?


They seem to get along very well.
彼等はとても仲が良いようだ


I used to get along with her, but now we hardly talk to each other.
彼女と私は以前は仲が良かったが、今はお互いにほとんど口をきかない


My parents have been getting along well again.
最近、私の両親はまた仲が良くなってきた


Whom do you get along with the best in your class?
クラスの中であなたは誰と最も仲が良いですか?


get on

get onを用いても「仲がいい」を表現する事が出来ます。

ニュアンスはget alongとほとんど同じで、使い方も同じです。

また、このonも前置詞ではなくて副詞なので、「~と仲がいい・~と仲良くする」などと言いたい場合はget on with~などと言う風に用います。

ちなみに、このonは「接触・接着」を意味します。

なのでget on with~という文があったら先ずは「~とくっついた状態」などをイメージすると分かりやすいです。


例文

She doesn’t get on with anyone.
彼女は誰とも仲が良くない


How can I get on with him?
どうしたら彼と仲良くできようか?


We have been getting on recently.
私たちは最近仲が良い


They got on like a house on fire.
彼等はすぐに仲良くなった

get on like a house on fireは「すぐに仲良くなる」または「とても仲が良い」などという意味のイディオムです





be close/get close

be closeを用いても「仲が良い」を表現する事が出来ます。

closeは形容詞として「すぐ近くにある・とても近い」などという意味合いがあります。

なので、be close to~とすると「~と近い関係にある仲が良い」などというニュアンスになります。

一方で、「~と仲良くする・~と仲良くなる」などと言いたい場合はget close to~と言う風に用いるのが一般的です。

get closeは「仲が良い」などと訳す場合もあります


例文

I don’t want to be close to her anymore.
もう彼女と仲良くしたくない


Are you close to him? If so, I’d like you to deliver him this.
彼と仲が良いですか?もし仲が良いなら、これを彼に届けて欲しいのですが


We were so close when we were kids.
子供の頃、私たちはとても仲が良かった


I’m afraid of getting close to someone.
誰かと仲よくなる事が怖い


I got close to her recently.
最近私は彼女と仲良くなった


She gets close to him.
彼女は彼と仲が良い


おまけ

他にもbe always togetherlike each otherbe harmoniousなどを使っても「仲がいい」を表現する事が出来ます。

harmoniousは「調和した・協和的な・仲の良い」などという意味合いの形容詞なので、be harmoniousとすると「仲がいい」などというニュアンスになります。

get harmoniousで「仲良くする」などと言う風に用いる事はほとんどありません。

また、be always togetherは「いつも一緒like each otherは「お互いに好き」などという意味ですが、要は「仲が良い」という事です。


例文

My dad and mom are so harmonious everyday.
私の両親は毎日仲が良い


They are always together and have never even argued before.
彼等は本当に仲が良く、今までに口論さえした事がない


They like each other and care about each other.
彼等は仲良しでお互いに気遣っている





関連記事

「似ている」を表す英語表現まとめ!

「耐える・我慢する」を表す英単語まとめ!

「男・女」を表す英単語/表現まとめ!

「怒る/怒っている」を表す英語表現まとめ!

「お返しをする・お礼をする」を表す英語表現まとめ!

「延期する・先延ばしにする」を表す英語表現まとめ!

「怖い・恐ろしい」を表す英語表現まとめ!

「抱きしめる」を表す英語表現まとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です