largeとbigの違い、使い分け



largeとbigは似たような意味を持つ単語(形容詞)なので、使い分けが難しいと感じる人もいるかも知れません。

そこで今回はそれぞれの使い方と特徴を簡単に解説して、最後にまとめていきますので、参考にして頂けたら幸いです。

large

largeは「(形状、数量、程度、規模、容量などが)大きい/大きな」などと言った感じのニュアンスです。

日常会話などではbigの方がよく用いられるイメージですが、実質的な意味合いは全く同じです。


例文

He has a large family.
彼の家は大家族だ


These shoes are too large for me.
この靴は私には大きすぎる


big

bigは「(形状、数量、程度、規模、容量などが)大きい/大きな」などと言った感じのニュアンスです。

先ほども言ったようにbigとlargeの実質的な意味合いは全く同じですが、文脈によってbigは「重要/重大な」などというニュアンスにもなります。

例えば、bid issueやbig problemと言えば「重大な問題」などというニュアンスになります。


例文

He has a big family.
彼の家は大家族だ


That’s not a big deal.
それは大した事ではない


まとめ

ニュアンスはどちらもほとんど同じなので、後は文脈や状況によって使い分けるしかありません。

ただ、先ほども言いましたが日常会話ではbigが用いられる方が圧倒的に多い印象です。

また、bigは文脈によっては「重要/重大な」などというニュアンスにもなるという事も覚えておきましょう。


関連記事

give upとgive inの違い、使い分け

throwとcastの違い、使い分け

reduceとdecreaseの違い、使い分け

go inとcome inの違い、使い分け

surpriseとshockの違い、使い分け

againstとopposedの違い、使い分け

overcomeとget overの違い、使い分け

forceとcompelの違い、使い分け

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です