reduceとdecreaseの違い、使い分け



reduceとdecreaseは似たような意味を持つ単語なので、使い分けが難しいと感じる人もいるかも知れません。

そこで今回はそれぞれの使い方と特徴を簡単に解説して、最後にまとめていきますので、参考にして頂けたら幸いです。

reduce

reduceは「(量や大きさ、程度などを)減らす/少なくする」などと言った感じのニュアンスです。

なお、reduceは基本的に自動詞として用いる事は出来ないので、it reduces=「それは減少する」みたいな使い方は出来ません。


例文

We have to come up with a good idea to reduce costs.
我々はコストを減らす良いアイデアを考えなくてはならない


How can we reduce global co2 emissions?
どうやったら世界の二酸化炭素排出量を減らせるのですか?


decrease

decreaseのニュアンスはほとんどreduceと同じで、多くの場面で相互に入れ替えが可能です。

なお、decreaseはreduceと違って自動詞として用いる事も出来るので、it decreases=「それは減少する」のような使い方も出来ます。


例文

It seems like the population in the country has decreased.
その国の人口は減少したようだ


We must decrease environmental pollution in the area.
我々はその区域内での環境汚染を減らすべきだ


まとめ

他動詞として用いる場合は多くの場面で相互に入れ替えが可能ですが、自動詞として用いる場合はdecrease一択になります。

なお、体重を減らしたいなどと言いたい場合はI want to lose weightと言います。


関連記事

go inとcome inの違い、使い分け

surpriseとshockの違い、使い分け

againstとopposedの違い、使い分け

overcomeとget overの違い、使い分け

forceとcompelの違い、使い分け

appear, show up, emergeの違い、使い分け

fixとrepairの違い、使いわけ

normalとordinaryの違い、使い分け

solveとresolveの違い、使い分け

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です