「調子に乗る」を意味する4つの英語表現まとめ!



英語には「調子に乗る」を意味する表現が幾つかあります。

そこで今回は一般的に良く用いられるものを優先的に4つピックアップして、それぞれ簡単に解説していくので参考にして頂けたら幸いです( ..)φメモメモ

get/be cocky

cockyは「気取った」「うぬぼれた」「生意気な」などという意味合いの単語(形容詞)です。

なのでgetまたはbe cockyという風に用いると「生意気になる/うぬぼれる」=「調子に乗る」などというニュアンスになります。

気取った人やうぬぼれている人、生意気が過ぎる人などに「調子に乗るな!」と言いたい場合はdon’t get cocky!またはdon’t be cocky!という風に言うとしっくりきます。


例文

I don’t want people to think I’m cocky.
私には人に調子に乗っていると思われたくない


You’re still a kid. Don’t get cocky!
君はまだ子供だ。調子に乗るな!


get/be too exited

exitedはexiteの過去分詞形ですが、ここでは形容詞的に用いられています。

その場合はexcited=「興奮している」などという意味合いになるので、getまたはbe too exitedという風に用いると文脈によっては「過度に興奮する」=「調子に乗る」などというニュアンスになります。

例えば、楽しくてはしゃぎ過ぎている子供などに「調子に乗るな!」などと言いたい場合はdon’t get too exitedまたはdon’t be too exitedという風に言うとしっくりきます。


例文

I didn’t mean that…I was just too excited a little.
そんなつもりじゃなかったんだ…ちょっと調子に乗り過ぎただけだ


Children! Please don’t get too excited!
子供達よ!頼むからそんな調子に乗らないでくれ!


get/be carried away

carry awayという熟語はそのまま訳すと「運び去る」や「持ち去る」などという風になりますが、文脈によっては「夢中にさせる」「我を忘れさせる」「有頂天になる」などというニュアンスにもなります。

なので、getまたはbe carried awayという風に用いると文脈によっては「我を忘れさせる/有頂天になる」=「調子に乗る」というような感じになります。

その場合はget/be too excitedとニュアンスが似ているので多くの場合お互いに言い換えが出来ます。


例文

His words and actions convinced me that he is carried away.
彼の言葉と行動から私は彼が調子に乗っていると確信した


Relax, she isn’t in love with you. Don’t get carried away!
落ち着けよ、彼女は君に惚れてなんかいないよ。調子に乗るな!


push one’s luck

pushは「押す」という意味合いの単語(動詞)です。

この「押す」とは単に物理的に前方へ圧力を加えるという意味だけでなく、「新たな企画を押す(押し進める)」や「人を窮地に押しやる」などという風に心理的または精神的な物事に対して用いられる事もあります。

その場合は「強引に押す」または「積極的に押す」などといった感じのイメージなので、push one’s luckという風に用いると「自分の幸運を押す(過信する)」=「調子に乗る」「欲張る」などというようなニュアンスになります。


例文

Sometimes, we should push our luck without thinking.
時には考えずに調子に乗る事も必要だ


You push your luck, you die.
調子に乗れば死ぬぞ


関連記事

「誘惑する」を意味する4つの英単語まとめ!

「降参する」「お手上げ」などを意味する4つの英語表現まとめ!

「口を挟む」「話を遮る」「話に割って入る」などを意味する4つの英語表現まとめ!

「甘やかす」を意味する4つの英単語まとめ!

「転ぶ」「転倒する」「倒れる」などを意味する4つの英単語まとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です