【保存版】最も基本的なhaveの5つの使い方!

haveは状態動詞や動作動詞、助動詞として用いられる事もあり、たくさんの用法があり、全部覚えるのはとても大変です。

そこで今回は日常的によく使うものを優先的に5つまとめて、それぞれ簡単に解説していくので参考にしてください( ..)φメモメモ





所有を表す

先ず、最も基本的なhaveの使い方は「~を持っている」「~を所有している」などのように、「have所有」を表すというものです。

例えば「土地や財産を持っている」「車を所有している」などと言いたい場合はhaveを用いて表現する事が出来ます。

なお、ニュアンスや訳し方は文脈によって異なる場合があります。

例えばI have a dogI have a girlfriendなどと言った場合は「犬を所有している」「彼女を持っている」ではなく「犬を飼っている」「(付き合っている)彼女がいる」などと訳した方が適切です。


例文

I used to have a cat.
以前はネコを飼っていた


I don’t have any money.
一銭も持っていない


I want to have a family.
家庭を持ちたい


やるべき事/したい事を表す

have所有」というイメージを応用してhave something to doなどとすると、「~しなくてはいけない~がある」「~したい~がある」などというニュアンスになります。

例えば「今夜は終わらせなきゃいけない仕事がある」「あなたに聞きたい事がある」などと言いたい場合はhave something to doの形を用いて表現する事が出来ます。

なお、間のsomethingをなしで用いると「~しなくてはならない」などというニュアンスになります。


例文

I have a work to finish tonight.
今夜は終わらせなくてはいけない仕事がある


I have a favor to ask of you.
あなたに頼みたい事があります


You have to find someone better.
もっと良い人を見つけないと駄目だよ


動作/行為を表す

have所有」というイメージ応用して動作や行為を表す事が出来ます。

その場合は「have動作を表す名詞」という形で用いられる事が多いですが、dinnercigaretteなどのように動作を表す名詞でなくてもhave dinnerhave a cigaretteなどとする事で「食べる」や「吸う」などと言った動作や行為を表す事も出来ます。

また、「~に~させる」や「~に~させておく」などと言いたい場合はhave someone dohave someone doingなどと言う風に用います。


例文

Let’s have a dance.
踊ろう


I had a cup of tea this morning.
今朝はお茶を飲んだ


I had my brother pick me up last night.
昨夜は兄に迎えに来てもらった


She had me cleaning her house all day.
彼女の家を一日中掃除させられた





ある状態や位置に保つ事を表す

have所有」というイメージを応用してhave something~などとすると、「~を~の状態にする」「~を~の状態/位置に保つ」などというニュアンスにもなります。

例えば「マフラーを首に巻く」「部屋を綺麗にする」のように言いたい場合はこの用法を用いて表現する事が出来ます。

なお、~の部分には形容詞や過去分詞(形容詞的用法)などが置かれる事が多いですが、have eyes on~~を見張る」などのように前置詞から始まる節や名詞が置かれる事も多々あります。


例文

Have your room clean all the time.
部屋を常に綺麗な状態に保ちなさい


He has his arms around her waist.
彼は両手を彼女のウェストに回している


完了形

haveを用いた用法を紹介する上で、避けては通れないのがこの「完了形」です。

完了形はhave+過去分詞という形で表現される用法で、その中にもさらに3つの用法があり、それぞれ「経験」「継続」「完了」を表します。

例えばI have done it beforeは「私は以前にそれをやった事がある(経験)」を意味し、

I have been angry for three daysは「もう三日も怒りっぱなしだ(継続)」を意味し、

I have just finished my mealは「ちょうど食べ終わった(完了)」を意味します。

どの用法に当てはまるのかは文脈によって判断します。

なお、完了形で「継続」を表す場合は、ある状態が継続する事を意味するのでhaveの後ろには必ず状態動詞の過去分詞形を置きます。

※状態動詞の例:be, know, like, love, think, feel, know.etc.


例文

I haven’t seen it before.
今までに見たことがない


I have known that guy for a long time.
あの男と知り合ってもう長い


I have just passed your office.
たった今あなたのオフィスを通り過ぎました





関連記事

【保存版】過去分詞の基本的な3つの使い方!

【保存版】doingの基本的な3つの使い方!

【保存版】助動詞wouldの最も基本的な5つの使い方!

【保存版】beforeの基本的な3つの使い方!

【保存版】toの9つの使い方とイメージ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です