【保存版】doingの基本的な3つの使い方!

皆さんはdoingの用法を全て知っていますか?

doingには「進行形」「形容詞形」「名詞形」の3つの用法があります。

考え方の基本は3つとも共通のものがありますが、使いこなすにはそれぞれの用法を学ぶ必要があります。

そこで今回はdoingの3つの用法をそれぞれ簡単に解説していくので参考にして下さい( ..)φメモメモ





doing=進行形

doingの用法で最も基本的なのが、この進行形で、これはある動作を現在継続して行っている事を意味し、よくbe doingの形で出てきます。

日本語に訳すと「~している」となる場合が多いですが、doingを進行形で用いる場合は「~している」と「~しかけている(~しそう)」の2パターンがあるので注意しなくてはいけません。

例えばthe car is stoppingなどは「その車は止まっている」ではなくて「その車は止まりかけている」と訳します。

これは車がスピードを少しずつ落として止まろうとしている様子を表すもので、止まっている事を表すものではありません。

また、die(死ぬ)の進行形be dyingなども「死んでいる」ではなくて「死にかけている」と訳します。

他にもlose(失う)の進行形be losingなども「失っている」ではなくて「失いかけている」などと訳す場合もあるので注意が必要です。

なお、knowloveなどの状態動詞は基本的に進行形で用いる事は出来ないので覚えておいてください。


例文

I’m dying because of you.
君のせいで死にかけている


Am I losing her?
私は彼女を失いかけていますか?


A:We’re going to be late for her birthday party.
A:彼女の誕生日パーティーに遅れちゃうよ

B:I’m not going.
B:私は行かないよ


I was just thinking about you all day.
私はただ一日中あなたの事を考えていました


I like when he is being shy.
私は彼が恥ずかしがっている時が好きだ


A:What is going on with you today?
今日は何する予定?

B:I’ll be doing my homework all day today. It’s going to be fun.
一日中宿題さ。楽しくなるぞ

A:Fun?
楽しくなる?

B:No of course, I was just being sarcastic.
いや、嫌味を言っただけだよ


Whatever you say, I’m not leaving you!
君が何と言おうと僕は君と別れないぞ!


doing=形容詞

doingは形容詞として用いられる事もあります。

例えばlast(続く)を形容詞として用いてa long lasting relationshipなどと言った場合は「長く続く関係」などというニュアンスになります。

これは先ほどの「doing進行形」のイメージを基にした用法ですが、上記の例のようにdoingを用いて後ろの名詞を修飾する場合は「~している~」ではなく「~する~」などという風に訳す場合が多い印象です。

これをa long lasted relationshipとした場合は「長く続いた関係」となります。

なお、see someone doing somethingなどもこの「doing形容詞形」という用法に分類されるかと思います。

例えばsee someone dyingと言った場合は「~が死にかけているのを見る」または「死にかけている~を見る」となりますが、これをdeadという形容詞を用いてsee someone deadとした場合は「~が死んでいるのを見る」または「死んでいる~を見る」などというニュアンスになります。


例文

I don’t know what I should do to build a long lasting relationship with others.
他人と長く関係を続けていくにはどうしたらいいか分からない


There has been a growing number of stupid young people in the city.
その街では馬鹿な若者の数が増えてきている

a growing numberan increasing number


Should I get a driving license?
車の免許取った方が良いかな?

driver’s license


I like challenging jobs.
私はやりがいのある仕事が好きだ


Don’t leave water running for a long time.
水を長い間出しっぱなしにするな


I imagined myself dating her, and that made me feel happy.
彼女とデートしているのを想像していたら幸せな気持ちになった





doing=動名詞

doingは名詞として用いる事も出来ます。

その場合は「動名詞」などと言う風に呼ばれますが、要は同じ事で、イメージ的には「進行形のニュアンスを持つ名詞」です。

よく前置詞の後ろに置いたり、主語として用いたりもします。

ちなみに、よくto do不定詞」と混同されがちですが、基本的にto doは「これから行動する事」をイメージします。

一方で、doingの場合は「すでに行動している事」をイメージします。

I can’t bear to see it
それを見る事は我慢できない

I can’t bear seeing it
それを見ているのは我慢できない

上記は一見すると同じ事を言っているように見えますが、実際は違います。

to see itの方は「まだ実際に見ていないが、見たくないseeing itの方は「すでに見ていて、もう見ていたくない」というニュアンスです。


例文

I’m thinking about changing my career.
転職しようかと考えている


What is the meaning of this?
どういう事だ?


Watching you all day never makes me boring, bro.
僕は君を一日中だって見ていられるよ


Ignoring him for a while will never solve that kind of thing.
彼をしばらく無視していたってその種の問題は決して解決しない


Stop saying it!
それを言うな!





関連記事

【保存版】forの7つの使い方とイメージ!

【保存版】beforeの基本的な3つの使い方!

【保存版】toの9つの使い方とイメージ!

【保存版】onの基本的な5つの使い方とイメージ!

【保存版】atの基本的な4つの使い方!

【保存版】ofの基本的な2つの意味と使い方!

【保存版】覚えておくと便利なunlessの意味・使い方・例文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です