【保存版】forの7つの使い方とイメージ!



forは日常的に最もよく使われる単語(前置詞または副詞)のひとつで、様々な場面で用いられますが、細かく分類すれば数えきれないほどの用法があり、全部覚えようとするとかなり大変です。

そこで今回はforの用法を大まかに7つに分類して、それぞれ簡単に解説していくので参考にしてください( ..)φメモメモ

forのイメージ

7つの用法を確認していく前に最も基本的なforのイメージを簡単に見ていきましょう。

先ず初めに、for物事の向かう方向や目的地などを強調し、対象を物理的または心理的に指し示す単語です。

なので、コアのイメージは「~に向かって」「~に向けて」などとなります。

これから紹介する7つの用法も基本のイメージは同じなので、迷ったらこの項目をもう一度確認してください。


方向/方角/目的地

7つの用法の中で最もコアのイメージに近いのがこの用例です。

先ほども言及したようにfor物事の向かう方向や目的地などを強調し、対象を物理的または心理的に指し示す単語なので、基本的には方向や方角、目的地などを示すために用いられる事が多い印象です。

例えば「~に向けて旅立つ」や「~行きのバス」などと言いたい場合はforを用いて表現する事が出来ます。


例文

A bus for Tokyo.
東京行きのバス


Where are you leaving for?
どこに向かうのですか?


目的/用途

forを用いて、目的や用途などを指し示す事が出来ます。

例えば「お金のために働く」や「~のための」のように、「~のために」「~のための」などと言いたい場合はforを用いて表現する事が出来ます。

他にも「健康に悪い(健康のために良くない)」や「助けを呼ぶ(助けを呼ぶために叫ぶ)」などという場合にもforが用いられますが、

いずれにせよ、イメージ的には「~に向けた」=「~のために」「~のための」などという風に覚えると良いかと思います。


例文

It’s not good for your health.
それはあなたの健康に良くないですよ


Cry for help.
助けを呼ぶ


I work only for money.
私はお金のためだけに働いている


I got something nice for her birthday today.
今日は彼女の誕生日のために良いもの買った


What is this for?
これは何のためのものですか?


Shoes for running.
ランニング用の靴


宛先/対象

forは方向や目的地だけでなく、行為の対象や贈り物の宛先(送る相手)などを指し示す事も出来ます。

例えば「あなたへの贈り物」や「あなたのために~する」などと言いたい場合はforを用いて表現する事が出来ます。

他にも、文脈によっては「~の代わりに~する」などというニュアンスにもなります。


例文

I’m not doing this for you.
君のためにやってるんじゃない


I received a letter for you this morning.
私は今朝、あなた宛ての手紙を受け取りました


If you can’t do it, I’ll do it for you.
あなたが出来ないのなら代わりに私がやります


原因/理由

例えば「~してごめんなさい」や「悲しくて泣く」のように「~が原因で~する」「~が理由で~である」などと言いたい場合はforを用いて表現する事が出来ます。

ちなみに、toにもこれと同じような用例がありますが、toの場合はI’m grad to hear thisそれが聞けて嬉しいです」のようにすぐ後ろに動詞の原形を置きます。

一方で、forの場合は後ろに名詞や代名詞、動名詞などを置きますので使い分けの参考にしてください。


例文

I’m sorry for not listening to you last night.
昨日はあなたの話を聞かなくてごめんなさい


I couldn’t sleep well last night for thinking about you.
昨夜は君の事を考えていたせいで余りよく眠れなかった





期間/時間/距離

例えば「~ヶ月もの間連絡が取れない」や「~時間読書する」「~キロ歩く」のように期間や時間、距離などを示して「~である」「~する」などと言いたい場合はforを用いて表現する事が出来ます。


例文

I haven’t seen him for more than ten years.
もうかれこれ10年以上彼に会っていない


She’s been talking on for hours already.
彼女はもう既に何時間も話続けている


Let’s walk for more few miles today.
今日はあともう数マイル歩きましょう


賛成

forを用いて賛成の意を表す事も出来ます。

例えば「~するのに賛成である」「あなたの意見に賛成です」などと言いたい場合はforを用いて表現する事が出来ます。


例文

I’m not for going to Egypt next month.
来月にエジプトに行くなんて賛成できない


I’m for your opinion.
私はあなたの意見に賛成です


対比/割合/比較

例えば「9時間の労働に対して~円の賃金を得る」や「~に対して~円払う」のように割合や対比を示して「~に対して~する」などと言いたい場合はforを用いて表現する事が出来ます。


例文

He pays me 100$a day for my service.
私の奉仕に対して彼は日に100ドル払う


You’re too good for me.
あなたは私には勿体なさすぎる





関連記事

【保存版】toの9つの使い方とイメージ!

【保存版】onの基本的な5つの使い方とイメージ!

【保存版】atの基本的な4つの使い方!

【保存版】ofの基本的な2つの意味と使い方!

【保存版】覚えておくと便利なunlessの意味・使い方・例文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です