英語で「私の知る限り~でない」と言いたい場合はnot that I know ofを使うと良いという話

何か質問された時に「わたしの知る限り~でない」と答えたい場合、not as far as I knowを用いて表現する事が出来ますが、not that I know ofを用いるとよりネイティブの日常会話っぽくなります。

例文

A: Is she trying to find a job?
彼女仕事探ししてる?

B: Not that I know of.
私の知る限りしてないよ

A: He betrayed me, didn’t he?
彼は私を裏切った、違う?

B: Not that I know of.
私の知る限り彼は君を裏切ってないよ

A: Did she get married already?
彼女ってもう結婚したっけ?

B: Not that I know of.
私の知る限りまだだよ


ちなみに、質問に答える時だけでなく、相手の意見に対して「私の知る限り/私の経験上~でない」と言いたい場合もnot that I know ofで表現する事が出来ます。

例文

A: Friends are the most important ingredient in the recipe of life.
人生という名の料理において友達こそが最も重要な材料である

B: Not that I know of.
私の知る限りそうではない

A: You are an idiot.
あなたは馬鹿だ

B: Not that I know of.
私の知る限り私は馬鹿ではない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です