what is moreの意味・使い方・例文

what is more
さらに・その上

what is moreは多くの場合what’s moreと省略されて使われる事の多いフレーズで、ニュアンスは「さらに・その上」などです。

これは、話になにかを付け足す時になどによく用いられるフレーズで、特に今した話にさらに驚くべき事や興味深い事などを付け足す時に多く用いられます。

また、このフレーズは単体で用いられる事はなく、what’s more, she wan’t even a girl(さらに驚く事に、彼女は女の子ですらなかった)などと言うように、後ろに平叙文などを置くのが基本です。





例文

She is so beautiful and what’s more, she has a gentle heart.
彼女は美しくさらに優しい心を持っている


I got fired last year and what’s more, I divorced my wife this year.
去年はクビになったしさらにその上今年は妻と別れた


The smell was terrible there and what was more, it had come from a beautiful woman next to me.
あの場所の臭いは酷かったがさらに驚く事にその臭いは私の隣にいた美しい女性のものだった


You have to do it right and what’s more, you should do it efficiently.
君はそれを正しくやらなくてはいけないしもっと言うなら効率的にやるべきだ





関連記事

the more, the moreの意味・使い方・例文

more or lessの意味・使い方・例文

more like A than Bの意味・使い方・例文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です