haveの様々な使い方

haveには様々な使い方があります。

例えば、I have a penなどのように、何かを「持っている」などという風に用いられる事が多いですが、have+過去分詞の形にして「~した・~した事がある」などという風に用いる事も多々あります。

haveには他にも幾つか便利な使い方があるので、そこで今回は上記で挙げた例以外のhaveの便利な使い方を幾つかまとめて、それぞれ簡単に解説していくので参考にしてください( ..)φメモメモ


have=~をする・行う

have+動作を表す名詞などの組み合わせで、「~をする・~を行う」というようなニュアンスになります。


例文

First of all, let’s have a look at it.
先ず手初めにそれを見てみよう


Would you like to have a walk with me?
一緒に散歩でもどうですか?


Please have a seat.
どうぞお座り下さい


We had a lot of fun last night.
昨夜は大いに楽しんだ


Do you usually have breakfast in the morning?
普段朝食を食べますか?


Let’s have a drink tonight! it’s on me.
今夜は飲もう!奢るよ


have=~しなくてはならない

have to doの形で「~しなくてはならない」というようなニュアンスになります。


例文

I will do it, if I’ll have to.
もしもやらざるを得ない場合はやります


You have to follow my directions about the thing.
その事については私の指示に従って貰います


I was so nervous having to finish it by next day.
私はそれを翌日までに仕上げなくてはならなくてとてもナーバスになっていた





have=~に~をさせる

have+対象の物・人+動詞の原形の組み合わせで、対象の物・人などに「~をさせる」というようなニュアンスになります。


例文

I had a mechanic repair my broken car.
私は修理工に壊れた車を直してもらった


I’d like to have you go there with me.
私はあなたに私とそこへ行って貰いたい


I’m gonna have him do it.
私は彼にそれをやらせるつもりだ


have=~に~をさせて置く・させる

have+対象の物・人+doingで対象の物・人などに「~をさせて置く・させる」というようなニュアンスになります。

「させて置く」というのは誰かに何かを継続的に行わせるという事なので、ここではdoingを用います。

ちなみに、これをdoingではなくて、do(動詞の原形)にして「have the water run」などにすると「水を走らせる=水を出す」というニュアンスになり、そこに動作の継続を意味する「させて置く」というニュアンスは含まれません。


例文

I won’t have him being this rude any longer.
これ以上彼に無礼なマネはさせない(我慢できない)


He had me playing the guitar since I was still a kid.
彼は私がまだ子供の頃から私にギターを弾かせた・弾かせ始めた


I can’t have you feeling sad about it.
その事で君に悲しい思いをさせられない(させているのは我慢できない)


How come he has me doing this?
何故彼は僕にこのような事をさせるのだろうか?(させているのだろうか?)





関連記事

makeの意味と重要な4つの使い方!

getの意味と3つの重要な使い方!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です