more like A than Bの意味・使い方・例文

more like A than B
BというよりもAである

more like A than Bで「BというよりもAである」などというニュアンスになります。

likeは形容詞として「~のような」というニュアンスなので、It’s more like Aと言ったら「むしろA」または「どちらかと言えばA」などというニュアンスになります。

なので、It’s more like A than Bとした場合は「Bと比較した上でむしろA・どちらかと言えばA」などというニュアンスになります。

ちなみに応用的な使い方で、It’s more like A than anythingというのがありますが、これは「A以外のなにものでもない」または「まさしくAだ」などというようなニュアンスになります。

anythingは「いかなるもの」「全ての物事」などという意味合いなので、It’s more like A than anythingは「いかなるもの・全ての物事と比較した上でなおAだ」という事になり、自然なニュアンスに訳すと「A以外のなにものでもない」や「まさしくAだ」などとなります。





例文

She is still more like a girl than a woman.
彼女はまだ女というよりは女の子である


It’s more like an artwork than a kids drawing.
これは子供の絵というよりはむしろ芸術作品だ


He looked more like a pervert than a healthy man.
彼は健康な男というよりはむしろ変態な男に見えた


A:Was it like a night club?
ナイトクラブみたいな感じだった?

B:No, it was more like heaven than anything.
いや、あそこはまさしく天国のような所だったよ





関連記事

more or lessの意味・使い方・例文

the more, the moreの意味・使い方・例文

what is moreの意味・使い方・例文

「ご自由に」を表現する英語フレーズまとめ!

「安心する・安心した」を表す英語表現まとめ!

「また後で」を表す英語まとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です