feel free to doの意味・使い方・例文

feel free to do
気兼ねなく~する・遠慮なく~する

freeという単語は形容詞として「自由に(な)」という意味なので、feel free to doはそのまま訳すと「~をするにあたって自由であると感じる」などという風になります。

これを自然なニュアンスに直すと「feel free to do気兼ねなく~する・遠慮なく~する」などという風になります。

なので、このフレーズは誰かに対して「遠慮なく~して下さい」などと言う場合に用いられる事が多いです。





例文

Please feel free to contact me if something happened.
何か起きた場合は気兼ねなく私に連絡して下さい


Oh please feel free to help yourself to more drinks.
飲み物のお代わりはどうぞご自由に


Please make sure the door is looked and then feel free to go out anytime.
ドアに鍵がかかっている事を確認したらいつでもご自由に出かけてもらってもかまいません


My girlfriend said that I could go out with other girls without telling her anything, but I really don’t feel free to do such a thing.
彼女は私が何も言わずに他の女の子と出かけても良いと言ったが私にはそんな事を気兼ねなくする事はできない


Feel free to stay with us as long as you’re in town.
町にいる間は私達の所に気兼ねなく泊まってくれても大丈夫ですよ


ちなみにbe free to doでも同じような意味になりますが、この場合は「~をするにあたって自由である」という意味になるので、feel free to doとは少しニュアンスが違います。

You are free to go out, but please let me know first.
ご自由に出かけてもらっても結構ですが先に私に一声かけて下さい

You are free to change your plan anytime.
あなたは何時でも自由に計画を変更しても構いません





関連記事

feel at easeの意味・使い方・例文

feel like doing/somethingの意味・使い方・例文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です