sleepingとasleepの違い

皆さんはsleepingasleepの違いが分かりますか?

どちらも眠っている状態を表す単語で、ほとんどの場面で相互に言い換えが可能です。

例えば

He is sleeping」と「He is asleep」では同じ意味を表し、ニュアンスの違いはほとんどありません。

しかし、全ての場面で相互に言い換えが可能な訳ではなく、例えば「fast asleepとは言うけど、fast sleepingとは言わない」や「fall asleepと言うけど、fall sleepingとは言わない」などのような一般的なルールが存在します。

そこで今回は先ずsleepingasleepのイメージをそれぞれ簡単に解説して、次に例文を用いてそれぞれの適切な使い場所、使い分けについて解説していくので参考にして下さい( ..)φメモメモ


sleepingのイメージ

sleepingのイメージは「連続した眠り・眠っている状態」です。

sleepingは「単に現在眠っている状態」ではなくて「過去から現在にかけて眠っている状態」というようなイメージです。


asleepのイメージ

一方asleepのイメージは「単に現在眠っている状態」です。

sleepingと比べると「過去から現在にかけての連続した眠り」という印象は余り感じられません。

なので、he has been sleeping for two hoursなどと言う場合は、asleepではなくてsleepingを使う方がより一般的です。

逆に、「眠りに落ちる」などというのは「過去から現在にかけて眠っている状態になる」という訳ではなく、単に「眠っている状態になる」という事なので、fall asleepと言う方が適切です。





sleepingを用いる方が適切な場合

He told her to stop sleeping.
彼は彼女に眠るのを止めろと言った

stopのように後ろにdoingを置く方が一般的な場合はstop asleepではなくてstop sleepingなどと言います


There was a sleeping baby in a couch.
そこにはソファーで眠っている赤子がいた

※このように「眠っている~・眠りに関係する~」などという風に言いたい場合はasleepではなくsleepingを用います

The Sleeping Beauty.
眠り姫

Sleeping fortune in the underground.
地下に眠っている財産

A sleeping bag.
寝袋

Sleeping music
入眠用ミュージック(寝る前に聴くリラックス効果のある音楽等の事)


asleepを用いる方が適切な場合

Are you asleep?
寝た?

※例えばベッドの上で誰かと過ごしていて、相手が眠りに落ちたかどうかを確認する場合などはasleepを用いる方がより一般的です


He is fast asleep.
彼はぐっすり眠っている

※これは熟語のように決まった言い回しなのでHe is fast sleepingとは言いません


She remained asleep.
彼女は眠ったままだった

remain(残る)やstay(留まる)のように後ろにdoingが置かれる事が一般的ではない場合はasleepを用いる方が一般的です





関連記事

until・till・byの違い・使い分け

think ofとthink aboutの違い・使い分け

made ofとmade fromの違い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です