「気にする」「気になる」を意味する6つの英語表現まとめ!



英語には「気にする」「気になる」などを意味する単語や表現がたくさんあります。

そこで今回は一般的に良く用いられるものを優先的に6つピックアップして、それぞれ簡単に解説していくので参考にして頂けたら幸いです( ..)φメモメモ

care

careは「~を気にする」を意味する最も一般的な単語(動詞)のひとつで、日常会話などでも頻繁に用いられます。

別の言葉に言い換えると、ニュアンスは「関心を寄せる」「関心がある」「心配する」「気に留める」「気にかける」などとなりますが、どのようなニュアンスで用いられているのかは文脈によって判断します。

例えば、care about someoneなどと言った場合は「(愛情や友情などから)~の事を気にかけている」などとなります。

他にもcare about someone’s thoughtsなどと言ったら「~の考えを気にする(気に留める)」などというニュアンスになります。

発音はケェア(ル)


例文

Why do you care about others’ problems?
どうして他人の問題をあなたが気にするのですか?


I still care about you.
私はまだあなたの事を気にかけています

※この場合は「好き」または「愛している」などというニュアンスにもなります


What I care the most is what you think about it.
私が最も気にしているのは貴方がその事についてどう思うかです


mind

mindもまた「~を気にする」を意味する最も一般的な単語(動詞)のひとつで、日常会話などでも頻繁に用いられます。

ニュアンスは「気にかける」「気に留める(心に留める)」「気をもむ」などと言った感じですが、一つに絞るなら「気に留める(心に留める)」が一番しっくり来るような気がします。

例えば、do you mind if I~?などと言った場合は「私が~したら気に留めますか?(嫌ですか?)」などと言ったニュアンスになります。

また、mind your step!などと言ったら「足元に気を留めろ!(足元に注意しろ、気をつけろ、足元を気にしろ)」などと言うニュアンスになります。

ちなみに、I don’t mindI don’t careの違いについてですが、mindを用いた方が丁寧なニュアンスになります。

例えば、I don’t mind if he doesn’t come with usと言ったら「私は彼が私たちと一緒に来なくても気にしません(構いません)」というニュアンスになるのに対し、I don’t care if he doesn’t come with usと言ったら「私は彼が私たちと一緒に来なくても知ったこっちゃありません(どうでもいいです)」などというニュアンスになります。

発音はマァィンドゥ


例文

Do you mind if I go see a movie with your girlfriend?
俺が君の彼女と映画を観に行ったら気にするかい?


Mind your own business!
自分の事を気にしろ!(他人の事に首を突っ込むな!)


I think she would mind if I received your gift.
私が貴方からの贈り物を受け取ったら彼女は気にすると思います


worry/be worried

worryは「心配する」「くよくよする」「気をもむ」を意味する最も一般的な単語(動詞)ですが、文脈によっては「気にする」「気になる」などというニュアンスになります。

イメージとしてはそのまま「心配する」「くよくよする」=「気にする」と覚えてしまってもOKです。

例えば、「試験の結果が心配でくよくよする」=「(まだ出ていない)試験の結果を気にする」などと言いたい場合はworryを用いるのが適切です。

ちなみに、誰かに謝られた際に「気にしないでください」「大丈夫です」などと言いたい場合はdon’t worry about itなどと言ったりもします。

また、worryを形容詞または過去分詞として扱ってbe worriedとしても基本的には同じ意味合いになります。

では、両者の違いについてですが、be worriedの方は「現在~を気にしている(心配している)」というニュアンスであるのに対し、worryの方は基本的に「日常的に、または習慣的に~の事を気にしている(心配している)」というニュアンスになります。

一般的にbe worriedの方が多く用いられる印象です。

発音はウァーリィ/ビィ ウァーリィドゥ


例文

I always worry about you.
私はいつだってあなたの事を気にしている


A:I’m terribly sorry for being late.
遅れてしまい申し訳ございません

B:Don’t worry about it, we have just arrived here too.
我々も今来たところなので気にしないでください


I’m really worried about my exam results.
試験の結果が本当に気になる





be concerned

concernは「関係する」「関わる」などという意味合いの単語(動詞)ですが、concernを形容詞または過去分詞として扱い、be concernedとすると「(~を)気にする」「(~が)気になる」などというニュアンスになります。

その場合のニュアンスはbe worriedとほとんど同じですが、be concernedの方がよりフォーマルな印象で、また、be worriedの方が「心配する」「くよくよする」というニュアンスが強い印象ですので使い分けの参考にしてください。

発音はビィ カァンサァー(ル)ンドゥ


例文

I’m just concerned about if you’re doing okay.
私はただ貴方が元気でやっているか気にしているだけです


Why are concerned about my personal life?
何で貴方が私の私生活を気にするのですか?


Aren’t you concerned for your own health.
自分の健康が気にならないのか?


bother

botherは「悩ます」「迷惑をかける」「困らせる」などという意味合いの単語(動詞)ですが、文脈によっては「~が気になる」などというニュアンスになります。

例えば「騒音が気になる」「汚れが気になる」などのネガティブな意味合いの「~が気になる」として用いられます。

ほとんどの場合は~bothers me「~は私を悩ませる」=「~が気になる」などという風に用います。

発音はバァザァ(ル)


例文

My girlfriend’s smile bothers me, since it’s kinda ugly.
彼女の笑顔はなんとなく醜いので気になります


It bothers me a lot when someone smoke around me.
誰かが私のそばでタバコを吸うとかなり気になります


Oh please don’t bother yourself.
気にしないでください

※誰かに謝られた時などにdon’t bother yourselfと言うと「気にしないで」などというニュアンスになります


be curious

be curiousは「~に興味がある」「~に関心がある」などという意味合いの表現ですが、文脈によっては「~が気になる」などというニュアンスになります。

これは基本的にポジティブな意味合いの「~が気になる」として用いられる表現で、例えば恋愛などの話題で「あの子が気になる」などという場合にもよく用いられます。

イメージとしては「(好奇心を刺激されて)~が気になる」といった感じです

発音はビィ キュゥアリィアス


例文

I was so curious about it, and I couldn’t help asking her about it.
それが気になって仕方がなかったので、私は彼女に尋ねずにはいられなかった


I’m so curious what would happen if I did it now.
私が今それをやったらどうなるかとても気になる


Aren’t you curious what she said about you?
彼女が君の事をなんて言っていたか気になりませんか?





関連記事

「脅す」「脅迫する」を表す英語表現まとめ!

「気にしないで」「大丈夫です」などを表す英語表現まとめ!

「助ける」「手助けする」「手伝う」などを表す英語表現まとめ!

「~も」「~もまた」を表す英語表現まとめ!

「その通り」を表す英語表現まとめ!

「やっぱりね」「そう思った」を表す英語表現まとめ!

「へー」や「ふーん」「そうなんだ」「だよね」などを表す英語の相槌表現まとめ!

「連続で」「連続した」「連続的な」などを表す英語表現まとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です