「迷惑をかける」「面倒をかける」などを意味する5つの英語表現まとめ!



英語には「迷惑をかける」や「面倒をかける」などを意味する単語や表現が幾つかあります。

そこで今回は一般的に良く用いられるものを優先的に5つピックアップして、それぞれ簡単に解説していくので参考にして頂けたら幸いです( ..)φメモメモ

bother

botherは「煩わせる」「悩ませる」などという意味合いの単語(動詞)ですが、文脈によっては「迷惑をかける」「面倒をかける」などというニュアンスにもなります。

その場合は「邪魔をしたり、うざがらせたり、悩ませたり、煩わせたりして面倒迷惑をかける」などと言った感じです。

なお、丁寧なニュアンスで「迷惑をおかけして申し訳ありません」などと言いたい場合はI’m sorry to bother youなどと言って表現する事が出来ます。

発音はバァザァ(ル)


例文

He always bothers everybody around him.
彼はいつも周りにいる人々に迷惑をかける


I’m so sorry to bother you,  but please give me her address right now.
面倒をおかけして大変申し訳ないのですが、彼女の住所を今すぐ教えてください


trouble

troubleもまた「煩わせる」「悩ませる」などという意味合いの単語(動詞)で、文脈によっては「迷惑をかける」「面倒をかける」などというニュアンスにもなります。

その場合のニュアンスはbotherとほとんど同じで、使い方もほとんど同じですが、trobleの方が幅広く一般的に良く用いられる印象です。

発音はトゥラァブル


例文

I don’t want to trouble anyone.
私は誰にも迷惑をかけたくない


I’m sorry to trouble you like this, but I need more specific information about her.
面倒をおかけして申し訳ありませんが、私は彼女に関するもっと具体的な情報が必要なんです


cause someone trouble/inconvenience

troubleは名詞として用いると「迷惑」「面倒」などという意味合いなるので、cause someone troubleとすると「~の迷惑面倒原因になる」=「~に迷惑/面倒かける」などというニュアンスになります。

また、「不便」「不都合」「不自由」などという意味合いの名詞inconbenienceを用いてcause someone inconvenienceとしても「~に迷惑/面倒かける」などというニュアンスになります。

その場合は「~の不便不自由原因になる」=「~に迷惑/面倒かける」などという風に考えると良いでしょう。

発音はコォーズ サァムワァン(ヌ) トゥラァブル/インカァンヴィーニャァンス


例文

You are always the one who causes me trouble.
いつも私に迷惑をかけるのは君だ


I’m sorry for causing you inconvenience.
ご迷惑をおかけして申し訳ありません


put someone to trouble/inconvenience

put someone to troubleという風に言っても「~に迷惑/面倒かける」などという意味合いになります。

ニュアンスは動詞putに依存するので、この場合は「~を大変な状況状態置く」=「~に迷惑/面倒かける」という風に考えると良いでしょう。

なお、こちらもinconvenienceを用いてput someone to inconvenienceと言う風にしても「~に迷惑/面倒かける」などという意味合いになります。

考え方は先ほどと同じです。

発音はプゥトゥ サァムワァン(ヌ) トゥゥ トゥラァブル/インカァンヴィーニャァンス


例文

Why do you always put me to trouble like this?
なんであなたはこんな風にいつも私に迷惑をかけるの?


I’ll try my best not to put you to any inconvenience, alright?
君に面倒は一切かけないようにするよ。いいね?


give someone trouble/inconvenience

give someone troubleという風に言っても「~に迷惑/面倒かける」などという意味合いになります。

ニュアンスは動詞giveに依存するので、この場合は「~に迷惑面倒与える」=「~に迷惑/面倒かける」という風に考えると良いでしょう。

なお、こちらもinconvenienceを用いてgive someone inconvenienceと言う風にしても「~に迷惑/面倒かける」などという意味合いになります。

考え方はこれまでと同じです。

発音はギィヴ サァムワァン(ヌ) トゥラァブル/インカァンヴィーニャァンス


例文

You give me nothing but troubles.
君は私に迷惑ばかりかける


Indeed she gave me inconvenience, but I don’t care about it anymore.
確かに彼女は私に迷惑をかけたけど、もう気にしてないよ





関連記事

「笑う」を意味する9つの英単語まとめ!

「直す」「治す」などを意味する5つの英単語まとめ!

速い」「早い」などを意味する6つの英単語まとめ!

「~しそう」「~みたい」「~のようだ」などを意味する5つの英語表現まとめ!

「ほっとく」「ほったらかす」「そのままにしておく」などを意味する5つの英語表現まとめ!

「ついでに」「ついでだから」などを意味する5つの英語表現まとめ!

「動くな」「そこにいろ」「じっとしていろ」などを意味する5つの英語表現まとめ!

「任せる」を意味する4つの英語表現まとめ!

「続きからやる」を意味する4つの英語表現まとめ!

「続ける」を意味する4つの英語表現まとめ!

「強要する」「強制する」などを意味する5つの英語表現まとめ!

「仲直りする」を意味する5つの英語表現まとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です